5月:Hello Hearts!

MAY MUST READ
これからは、コラムニストのスザンヌ・カロフさんが、毎月、昼と夜を甘くする方法を考えてくれています。理論上はね
MAY MUST READ
今月は、
態度、飢え、携帯電話、そして心の平和へのでこぼこ道についてです
MAY MUST READ
24時間前からアップ
しています。スペルミスやデタラメをお詫びします。東京から帰ってきたばかりで、目が見えませんが、"Spread Love "と書かれたルレックスの靴下を履いています。以上、今月の最も関連性の高いことを紹介しましたが、その答えは「愛」です。質問の内容は問いません。
MAI MUST READ
シャルル・ド・ゴール空港での5時間のトランジットの間、私の目とノートパソコンはカチッと閉じられた。目が覚めて再びベンチに崩れ落ちたとき、私の答えは「Fuck you」でした。どの質問に?どれでもいい
MAY MUST READ
一方、日本では、感情をコントロールすることを学びました
。現地ではそれが美徳とされています。ある朝、お寺に行った時にお腹が鳴り、不機嫌になり、自分の命に関わることを関係者や全く関係のない人のせいにしてしまいました。なぜ誰も朝食のことを考えなかったのか、なぜカフェはまだ開いていないのか、なぜバスは来ないのか......。自分がコントロールできないことが面白いのではないか?そして、私は何を恐れていたのか?餓死した?禅僧の大関宗恩が詩を詠んだ。A Song of Gratitude(感謝の歌)。そこには「怒らない」という一文があった。患者です。ピースフル」。
MAI MUST READ
恥ずかしいと思いました。
そして、ほのぼのとした笑みを浮かべながら、完全にリラックスしていることを示すために、お線香の包みを買った。スローモーションで、旅行者グループの後を追ってスーパーに駆け込み、安全第一ですべてプラスチックのホイルに封印された1キロのバナナを買い、ベンチに座って、息もつかせずに3本続けて食べた。
MAY MUST READ
東京メトロは、私の隣で女性が泣いてい
たのですが、誰も気にしていませんでした。誰もが携帯電話を見つめていた。彼女は独り言のように泣きながら、ハンカチを探すように携帯電話の中を探し回っていた。他に日本で学んだことはありますか?抹茶スパゲッティがあること、男性があなたに向かって口笛を吹かないこと、着物を着た女性がすべて芸者ではないこと、緑茶を十分に飲めないこと。そして、すべての答えをiPhoneで見つけられるわけではないこと。