1月:Hello Hearts!

写真提供:Hanna Schumi
1月の必読記事
これからは、コラムニストのスザンヌ・カロフさんが、毎月、昼と夜をより甘くするための考え方を教えてくれます。理論上はね。
MUST READ JANUARYHurrah
, January is here!喜ぶ理由がない?さて、ここからが本題です。
1月


の必読記事
2018年はニューブラック!
またアマリリスを見かけたら、首を絞めてやる、と昨日は叫んでいました。誰も聞いていなかったが、最近よく独り言を言っていた。カーヴィー2018が登場してすぐに、お気に入りのフラワーショップ「グリーンフローラ」に駆け込み、"I need spring!"と言ってみました。それを買えるのは、春、希望、勇気。私は、
12cmのヒールと同じくらい気分を高揚させてくれる治療薬、腕一杯のヒヤシンスを持って店を出ました
1月の必読記事
この小さなミモザ!?
そよ風で倒れる人を「デリケートな人」と呼ぶのは以前から知っていました。私の2番目のお気に入りの花、おびえたミモザは、今年は記録的な30分も持ちこたえました。それは短い寿命と高価な喜びですが、私が彼女に顔を埋めて、彼女の小さな黄色い蕾に「ねえ、私たちはこれができるわよ」と囁いていた一秒一秒は価値がありました。
1月の必読記事
Mistake number 49,
000 彼女が消えた後、私は再び本を読んだ。すでに印刷されています。2つの間違いを発見しました。1つだけ指摘させていただきます。Fleetwood Mac I moron spell with a d in front again and I guess that slips through the way.大したことではありませんが、それにしても、ここの注意深い読者が、ほんの数ヶ月前に私のこの間違いを指摘してくれたのですから。彼女がこれを読んでくれることを願っています。
1月の必読記事
簡単な計算
算数の先生と掛け算の表を思い出します。小学校4年生の時には、まだ7×7の意味が分からなかった。コーデュロイのジャケットを着たサディスティックな先生が、毎日私を苦しめていました。今日は、夜な夜な "7×7?"と叫んでください。そして、私は眠りから覚めて49に答えるのです。ええと、それは正しいですか?
1月の必読記事
明日はもっといいミスをする
7回、14回、56回もしなければならないものもある。私たちは学ぶためにここにいるのですから、それでいいのです。そのためのサウンドトラック?ポルトガル」の「So Young」。The Man」です。それに合わせて本も?私のをお願いします。それはとても嬉しいことで、私は謙虚にお辞儀をしながら感謝の気持ちを伝えます。すでに予約開始しています。ああ、これは何と呼ばれているのか、早く言った方がいいですね。"酔ってもそれほど酔わなかった"残りの部分については後で話そう。残りの部分については後で話そう。